太陽光発電投資に挑戦しましょう|ガシガシ稼いでみよう

積み木の家

連帯保証人より便利な保証

赤い車

滞納家賃を保証する制度

世界的に経済の動向が不透明になっている現在、自分の生活は自分で守るよりほかないのです。特に定年退職後の生活に不安を抱いている方は多いと思います。高齢者になって困らないためには投資によって資産を増やすのが一番いいのですが、株や為替はリスクが大き過ぎます。リスクが少ないのはアパートやマンション経営です。賃貸経営のリスクで最も大きいのが家賃の滞納です。しかし家賃債務保証というシステムを利用すればリスクをなくすことができます。家賃債務保証というのは入居者の連帯保証人の肩代わりをするサービスです。入居者が賃貸契約を結ぶ時には必ず連帯保証人が必要です。今の時代は保証人を依頼するのが難しくなっています。その時に利用するのが家賃債務保証システムです。

オーナー側のメリット

入居者は保証料を支払って家賃債務保証を利用します。賃貸経営をするオーナーにとってこのシステムは連帯保証人よりも有利です。もし入居者が家賃を滞納したり夜逃げした時、連帯保証人に連絡して代わりに家賃を支払ってもらうことになります。保証人は代わりに家賃を支払う義務がありますが、それを請求するのは心苦しいと感じるオーナーもいるでしょう。しかし家賃債務保証システムなら、家賃滞納があるとオーナーの代わりに保証会社が対応してくれます。すぐにオーナーに家賃が支払われ、入居者から家賃を取り立てるのは保証会社の仕事なので、オーナーは関知しないで済むのです。このようにオーナーにとっては家賃滞納というリスクを減らすことができるシステム、それが家賃債務保証制度です。今後も人間の絆はますます薄くなるので、連帯保証人の代わりに家賃債務保証を利用する入居者が増えます。これは賃貸経営をするものにとっては歓迎すべきことです。